観音堂

観音堂
緑の樹木に覆われ独立した丘陵地の白山(しらやま)、その丘上境内に観音堂があります。天正年間の兵火後、明暦三年(1657年)に再建されました。

長い歴史を経た現在の銅板ぶき、寄せ棟造りのお堂は春日井市文化財指定の建築物となっており、堂内には本尊の十一面観音立像はじめ、多くの尊像が安置されています。



関連情報また、北側奥に白山(しらやま)神社が鎮座しています。神仏分離までは、圓福寺が同やしろの別当職を務め、この丘が春日井における信仰の一大拠点でありました。


DSCN0035-1.JPG【観音堂(春日井市指定文化財)】

明暦3(西暦1657)の棟札銘があり、建造はこの頃とみられる。

構造は単層1間向拝付、桁行三間、梁間四間、銅板(修理前棧瓦)葺、寄棟造となっている。


修理前の一間吹放ちと、仕口等から、正面に几帳面框付折棧唐戸を新調して上下の長押に吊り、脇間の上部に縦連子を入れ、他は横板はめに改造した。

 

周囲の支柱は外し、新しく擬宝珠高欄を回し、床下に亀腹を築いた。内部は内外陣とも板敷で、内外陣境の中の間に上下二段の連子を入れ密教様とした。


室町時代の唐様厨子安置のため、天井の折上げを一部直した。

軒は一軒の吹寄せ垂木、柱上組物は出三斗、中備は蓑束を置く。

修理の終わったこの堂は構造・様式からみて、本市近世初頭の寺院建築の代表といえる。

 

春日井市教育委員会≫

アーカイブ

Counter
カウンタ